あなたとペットを結ぶ、愛と絆のお守りアート【ペットヒーリングアート】

ずっと忘れられないペットがいらっしゃる方、
家族のように大事なペットがいらっしゃる方へ…

あなたがペットを想うように、ペットもあなたを想っている
誤解を解きたいと思っている子もいます

令和の時代を迎え、子どもよりもペットの方が数が多くなりました。たくさんのペットが私たち人間と生活を共にしています。

ペットは言葉を発しない代わりに、飼い主さんが発するサイン(表情、声、波動など)を読みとります。

その感覚は人間よりも鋭く、広範囲に及びます。

たとえば嗅覚については、犬は人間の「100万倍~1億倍」、匂いの粒子が100万分の1の薄さでも嗅ぎ分ける、とされています。

聴覚については、人間が「20~2万ヘルツ」に対し、猫は約3倍「30〜8万ヘルツ」とされ、いわゆる「超音波」と呼ばれる音域も聴きとれます。

はるか昔、ネイティブアメリカンやアボリジニ(先住民族)は、一人ひとりが宇宙とつながり、根底では「すべてつながっている」「みんなひとつ」という、全体の中で個が調和した愛の感覚(ワンネス、oneness)をもっていました。

先住民族の挨拶に「人類みんな兄弟」という意味が多いのも、そのためなのです。

そして生命の進化の記録である遺伝子をみれば、人間とマウスが99パーセント、人間と猿が90パーセント、同じ構造をしています。

「始まりはみんなひとつ」だったことは、科学的にも証明されているのです(遺伝子ゲノム)。

しかし人間は、生活環境の変化やストレスなどで、この全体の中で個が調和した愛の感覚(ワンネス)が閉じていくのに対し、動物たちはこの感覚を失わずに過ごしてきました。

 

そのため、ペットたちには「マインド(自我、エゴ)」がない分だけ、エネルギー(氣)状態には敏感なのです。

 

「ペットヒーリングアート」とは、あなたとペットを結ぶ、愛と癒しのお守りアートです(※肖像画や似顔絵ではありません)。

主な事例

  1. ペットからの愛を感じ、涙が溢れた
  2. 絵を見るたびにしあわせに
  3. 絵の色が変化して驚いた
  4. 展示していた絵がお清めされた
  5. 描かれた子が家の守り神になった
  6. イヤな虫が消えた  等

お守りアート「ペットヒーリングアート」について、YouTubeで動画紹介させていただいております。よろしければご覧くださいませ。(※音声が流れます。ご注意ください)

↓お守りアート「ペットヒーリングアート」のエッセンス(1分46秒、音声あり)

↓お守りアート「ペットヒーリングアート」よねやまゆうこさんインタビュー(8分17秒、音声あり)

 

お客様からのご感想

我が家にとっては、奇跡の1枚です。
若生ひとみ 様(ペットの名前:テト)

ゆうこさんにテトのペットヒーリングアートを描いていただきました❣️

この絵を見せていただいた時、とても可愛らしく、キラキラ輝いて見えた上、私たち家族が好きな色合いだったので感激しました✨

不思議なことに、そのフォルムはテトだったけど顔の表情や目の感じは以前に飼っていた猫のトムに似ていて、テトより凛々しくてイケメンでした 笑。

トムは15歳まで生きて私たち家族に愛し愛された最初の猫で、今でも私たちの心の中に宿るかけがえのない存在です。

家族にテトのペットヒーリングアートを見せると目を輝かせて喜び、同じように「体はテトだけど顔はトムだ!」と言っていました。

ゆうこさんにはトムの写真をお渡ししていなかったのに、驚きです。
まるでテトとトムの両方があらわれたような、私たち家族にとっては奇跡の1枚で、みんなすっかり気に入ってしまいました☺️

特に長女は「見ていると目が離せなくなる」と言ってしばらくじっと見つめていましたが、確かにこの絵のテトはとてもキラキラ生き生きしていて、心が明るく穏やかな気持ちになっていつまでも見ていたくなります。

ここには単に彼の姿かたちが描かれているだけでなく、語りかけてくるようなワクワク感とあたたかさを感じます。
まさに、ペットヒーリングアートという名称がぴったりな絵だと思いました。

心のこもった丁寧な描写表現にはゆうこさんの優しいお人柄が垣間見え、真摯に向き合って描いてくださったことに感謝の気持ちでいっぱいになります。
ゆうこさん、本当にありがとうございます✨

写真はテトとペットヒーリングアートと。
最初、絵だけを持って家族に撮影してもらおうとしていたのですが、なぜかそこへテトがやってきたので抱っこして一緒に撮ってもらったところ、超カメラ目線で笑いました。

もしかしたら、わかってて一緒に写りたかったのかな?

 

あの絵は生きていますね。
恩田幸子 様(ペットの名前:ちーのすけ&ボニたん)

絵は胸に抱えて大事に家に持って帰りました。

ちーちゃんを抱っこしている感覚でした。

家に着いて玄関に入ると、本当にちーちゃんが帰ってきたと思いました。

夫はちーちゃんのリアルさに驚いていました。

息子は凄い絵だと感動していました。

翌日、絵をリビングに飾るとちーちゃんをいつもそばに感じられるようになってとても私の心が安心しました。

始めは絵を見ると泣いてしまっていましたが、だんだんと見るのが嬉しく幸せになってきました。

色を付けていない薔薇の様子もあまりにも素敵で、絵がより生き生きと輝いて言葉もないくらいです。

本当に素晴らしいです!

あの絵は生きていますね。

幸せなエネルギーに満ちていて、私たち家族にちーちゃんからの愛がダイレクトに伝わってきます。

 

変わらぬ愛情だけを感じていける。
横手隆之様(ペットの名前:半蔵)

僕自身が絵を見つめる度に感傷的になることなく 哀しみに包まれることなく見つめる度に『優しい思い』

半蔵に対しての変わらぬ愛情だけを感じていける様に描いてくださったのでは…そんな気がしています。

 

 

 

よねやまゆうこ初個展2021
お守りアート「ペットヒーリングアート展」ご案内

ある犬との出会いを機に、お守りアート「ペットヒーリングアート」が誕生、お披露目させていただく運びとなりました。動物たちの愛のメッセージをおうけとりください。私を育ててくれた街で初個展を開催いたします。会場にてみなさまとお会いできますこと、楽しみにしております。

※2020年6月に予定しておりましたが、コロナに対する社会情勢を踏まえ、2021年に延期になりました。

会期:2021年6月17日(木)~21日(月)入場無料

時間:初日のみ13:00~19:00、11:00~19:00

在廊日:会期中、毎日会場に在廊いたします

会場:Gallery&Cafe Warehouse Garden(ウェアハウスガーデン)
東京都調布市菊野台1-14-15
京王線柴崎駅北口から徒歩2分

http://warehousegarden.com/

※売上の一部はペット保護のため寄付させていただきます