あなたとペットを結ぶ、愛と絆のお守りアート【ペットヒーリングアート】

あなたがペットを想うように、ペットもあなたを想っている
誤解を解きたいと思っている子もいます

 

ペットヒーリングアートとは…

【ペットヒーリングアート】とは、ペットからの愛が宿る、世界で1枚のヒーリングアート(エネルギーアート)です(※ペットの肖像画や似顔絵ではありません)。

【ペットヒーリングアート】の主役は、飼い主さんとペットです。

描き手は空気のように、透明な意識で描かせていただくことで【ペットヒーリングアート】は、まるで生きているような輝きを放ちます。

ペットヒーリングアートを観た人々は「ペットからの愛を感じ、涙が溢れた」「絵を見るたびにしあわせになった」「ずっと見ていたくなる」「こころを和ませる」「(ペットヒーリングアートの中に)大きな愛のひかりの柱を感じた」と、喜びの声を頂戴しています。

 

ペットたちの想い、私の想い

お守りアート【ペットヒーリングアート】を通じて、ペットからの愛をお伝えいたします。

私がペットたちから受けとった想いは、ただひとつ。

それは「誤解を解きたい」という、まっすぐで、純粋な想いでした。

ペットたちの想いはそのまま【ペットヒーリングアート】のコンセプト(概念)になりました。

そして【ペットヒーリングアート】の誕生は、友人が飼っていたコーギー犬・半蔵くん(下記写真)の医療事故がきっかけです。

【ペットヒーリングアート】は、人とペットがしあわせに暮らす世界を実現するための一助として「ペットリテラシーを上げる」という理念を掲げています。

ペットにまつわる諸問題に関心が向き、飼い主さまとペットの愛の架け橋として、少しでもお役に立てますよう精進してまいります。

 

こんな事例も…(ペットヒーリングアートならでは)

Y様は、ハムスターを代々飼っていらっしゃいました。
ここ数年大変な出来事が続いていたそうで、気づいたら、ペットヒーリングアートの背景の黄色だけが「増感」(※感度が上がる)していました。Y様は家の中で普通に絵を飾っていただけで、特に直射日光に当てたということはありません。

調べさせていただいたところ、亡きハムスターたちが、ペットヒーリングアートを通じて、飼い主さまの落ち込んだ状態(心のエネルギー状態)を敏感に察知。ペットヒーリングアートを通じて「(おうちが)楽しくなるように」とはたらきかけ、起きた出来事でした(※この後、2枚目を納品させていただきました。ご興味のある方は、 ペットとエネルギーについて もご覧ください)。

このように、あなたがペットを愛するように、ペットからの愛もまた時空を超えて、ペットヒーリングアートを通じて届くケースがあります。

 

動画紹介

↓お守りアート「ペットヒーリングアート」のエッセンス(1分46秒、音声あり)

↓お守りアート「ペットヒーリングアート」よねやまゆうこさんインタビュー(8分17秒、音声あり)

作例(一部)

お誕生日に、うちの子記念日に、メモリアルに…ペットヒーリングアートは、愛に寄り添います。ペットの個性によって、紡ぎだされる世界は、1枚1枚が異なります。

サイズや価格については、こちらをご覧ください。

 

【作品名】導き
【モデル】カレン(アメリカンショートヘア)
【飼い主】T様

生前から男前の性格だったカレン。なかなか決意できなかったり、行動が遅かったりすると「どんどん突っ走れ!」と、猫パンチを飛ばしてくる、頼もしい存在でした。飼い主一家のしあわせを願うカレンは、今でも家族を見守り続けています。

 

【作品名】泣かないで
【モデル】ベリー(ポメラニアン)
【飼い主】M 様

飼い主さまのこころを慰め続けるベリー。ペットヒーリングアートを描いている最中も、飼い主さまに向けられた「泣かないで」という愛がずっと止まりませんでした。とても心が優しい子です。

 

お客様からのご感想

我が家にとっては、奇跡の1枚です。
若生ひとみ 様(ペットの名前:テト)

ゆうこさんにテトのペットヒーリングアートを描いていただきました❣️

この絵を見せていただいた時、とても可愛らしく、キラキラ輝いて見えた上、私たち家族が好きな色合いだったので感激しました✨

不思議なことに、そのフォルムはテトだったけど顔の表情や目の感じは以前に飼っていた猫のトムに似ていて、テトより凛々しくてイケメンでした 笑。

トムは15歳まで生きて私たち家族に愛し愛された最初の猫で、今でも私たちの心の中に宿るかけがえのない存在です。

家族にテトのペットヒーリングアートを見せると目を輝かせて喜び、同じように「体はテトだけど顔はトムだ!」と言っていました。

ゆうこさんにはトムの写真をお渡ししていなかったのに、驚きです。

まるでテトとトムの両方があらわれたような、私たち家族にとっては奇跡の1枚で、みんなすっかり気に入ってしまいました☺️

特に長女は「見ていると目が離せなくなる」と言ってしばらくじっと見つめていましたが、確かにこの絵のテトはとてもキラキラ生き生きしていて、心が明るく穏やかな気持ちになっていつまでも見ていたくなります。

ここには単に彼の姿かたちが描かれているだけでなく、語りかけてくるようなワクワク感とあたたかさを感じます。
まさに、ペットヒーリングアートという名称がぴったりな絵だと思いました。

心のこもった丁寧な描写表現にはゆうこさんの優しいお人柄が垣間見え、真摯に向き合って描いてくださったことに感謝の気持ちでいっぱいになります。
ゆうこさん、本当にありがとうございます✨

写真はテトとペットヒーリングアートと。
最初、絵だけを持って家族に撮影してもらおうとしていたのですが、なぜかそこへテトがやってきたので抱っこして一緒に撮ってもらったところ、超カメラ目線で笑いました。

もしかしたら、わかってて一緒に写りたかったのかな?

 

 

あの絵は生きていますね。
恩田幸子 様(ペットの名前:ちーのすけ&ボニたん)

絵は胸に抱えて大事に家に持って帰りました。

ちーちゃんを抱っこしている感覚でした。

家に着いて玄関に入ると、本当にちーちゃんが帰ってきたと思いました。

夫はちーちゃんのリアルさに驚いていました。

息子は凄い絵だと感動していました。

翌日、絵をリビングに飾るとちーちゃんをいつもそばに感じられるようになってとても私の心が安心しました。

始めは絵を見ると泣いてしまっていましたが、だんだんと見るのが嬉しく幸せになってきました。

色を付けていない薔薇の様子もあまりにも素敵で、絵がより生き生きと輝いて言葉もないくらいです。

本当に素晴らしいです!

あの絵は生きていますね。

幸せなエネルギーに満ちていて、私たち家族にちーちゃんからの愛がダイレクトに伝わってきます。